「ホグレル」でバランス・動作改善!

こんな方に「ホグレル」がお薦め!!
「ホグレル」でバランス・動作改善!

ホグレルについての詳細は下記オフィシャルページをご覧ください。
ホグレルオフィシャルページ
1.関節可動域が広がりバランスの良い姿勢へ改善!

筋肉が硬化・緊張していると、胸腰推移行部と骨盤の連動が妨げられ、本来人間が持っている自然な姿勢が崩れてしまいます。
姿勢の崩れた状態で動くと、本来であれば力を必要としない部位に力を入れて動作を行うことになり、全てがズレてきます。
つまり、「バランスの悪い姿勢」からは、「非効率な動作」しか生まれません。
ホグレルを使用すれば、カラダの中心部である肩甲骨や骨盤まわりの筋肉が気持ちよくほぐされ、関節可動域も広がるので人間本来のバランスの良い姿勢への改善に効果的です。


2.姿勢が改善されると効率の良い動作が可能に!

カラダの末端だけの動きではなく、カラダの中心(体幹)からの動きを意識することで、効率の良い動作につながります。
また、ホグレルを使用することによって、パーソナルストレッチ、ヨガなどでも難しかった「動的アプローチ」が可能となります。
ホグレルなら、筋をリラックスさせた状態で筋肉の伸縮を繰り返し行い、筋肉の「ON⇔OFF」の感覚を身につけることで「神経⇔筋肉」の伝達効率の良い体をつくります。


3.動作も改善されると循環の良い体へ!

ホグレルは、筋肉を動的に動かすことで、筋温が上がりやすく伸張性のトレーニングになります。
また、弛緩時間をつくることで、筋のポンプ作用が高まり血液・リンパの循環が促進されます。
循環が良くなると、疲労物質などの老廃物が溜まりにくくなるので「疲れにくく、怪我をしにくい」カラダに生まれ変わります。さらに、代謝も良くなるのでアンチエイジングとしても効果的です。



  
  

1.1回15分。すぐに効果を実感!

はじめて体験した方でも、「肩がすっきりした」「体が軽い」というお言葉を多く頂きます。さらに3ヵ月ぐらい経つと、体質自体も改善し、「カラダの変化を実感し、調子が良くなった!」という声を多くの方から頂いています。個人差はありますが、ほとんどの方はホグレルで15~30分のコンディショニングを行うとカラダの柔軟性が変わります。


2.体に優しい、気持ち良い運動!

ホグレルは、主に肩甲骨や骨盤まわりの筋肉を動かす事で、眠っている筋肉を可動させます。そして、筋肉の伸縮を繰り返し、血流を促進させることで、新陳代謝を高める運動方法です。一般の筋力トレーニングのように歯を食いしばるような運動方法ではないので、汗はほとんどかかないのです。よって、高齢者にも安心な体に優しい運動と言えます。


3.肩こり・腰痛になりにくい体に!

ホグレルを実施すると、血行が良くなり、神経と筋肉のバランスが調整されて、「肩こり」「腰痛」になりにくい体になります!また、スムーズに動けるので疲れづらくなり、体力がつき病気になりにくくなるなど様々な効果が期待できます。



  

 


ホグレルはゴルファーにもお薦め!練習しても・・・クラブを替えても・・・飛距離が伸びないのはなぜ?

ホグレルで「肩甲骨」を「股関節」まわりを柔らかくして、
「動的柔軟性」を得る!


ホグレルでは、ストレッチでは伸ばすことが難しい「肩甲骨」や「股関節」まわりのインナーマッスル(骨に近い深部に多い筋肉)を柔軟にすることで神経系統の発信を促し、動きやすい体(=動的柔軟性)を得ることができます。

肩甲骨
無駄なリキみが飛びのじゃまをする!

肩甲骨まわりが硬いと、バックスイングで無理にカラダを回そうとして上半身がリキみます。
するとボールをヒットする前に余分な力を使ってしまい、インパクトのパワーが落ち、ヘッドスピードも遅れます
ダウンでは肩が開いてクラブが鋭角に降りるので、スクエアなインパクトができず、方向性も定まりません。
結果、平均飛距離のダウンを招きます。

肩甲骨:無駄なリキみが飛びのじゃまをする!

股関節
体重移動が出来ないと遠心力が生まれない!

トップでは右足体重というのが体重移動の基本です。ところが、股関節が硬いとリバースピボットになるため、ボールにパワーが乗らず失速し、飛距離が落ちてしまいます。また、軽量化した最近のクラブで飛ばすには遠心力を利用する事が最重要です。
カラダの回転よりも体重移動を意識したスイングで大きな遠心力を生むには、柔らかい股関節が必要となります。

股関節:体重移動が出来ないと遠心力が生まれない!

更にホグレルについての詳細は下記オフィシャルページをご覧ください。
ホグレルオフィシャルページ

「ホグレル」でバランス・動作改善!「ホグレル」でバランス・動作改善!

こんな方に「ホグレル」がお薦め!!
「ホグレル」でバランス・動作改善!
ホグレルについての詳細は下記オフィシャルページをご覧ください。
ホグレルオフィシャルページ

1.関節可動域が広がりバランスの良い姿勢へ改善!

筋肉が硬化・緊張していると、胸腰推移行部と骨盤の連動が妨げられ、本来人間が持っている自然な姿勢が崩れてしまいます。
姿勢の崩れた状態で動くと、本来であれば力を必要としない部位に力を入れて動作を行うことになり、全てがズレてきます。
つまり、「バランスの悪い姿勢」からは、「非効率な動作」しか生まれません。
ホグレルを使用すれば、カラダの中心部である肩甲骨や骨盤まわりの筋肉が気持ちよくほぐされ、関節可動域も広がるので人間本来のバランスの良い姿勢への改善に効果的です。

2.姿勢が改善されると効率の良い動作が可能に!

カラダの末端だけの動きではなく、カラダの中心(体幹)からの動きを意識することで、効率の良い動作につながります。
また、ホグレルを使用することによって、パーソナルストレッチ、ヨガなどでも難しかった「動的アプローチ」が可能となります。
ホグレルなら、筋をリラックスさせた状態で筋肉の伸縮を繰り返し行い、筋肉の「ON⇔OFF」の感覚を身につけることで「神経⇔筋肉」の伝達効率の良い体をつくります。

3.動作も改善されると循環の良い体へ!

ホグレルは、筋肉を動的に動かすことで、筋温が上がりやすく伸張性のトレーニングになります。
また、弛緩時間をつくることで、筋のポンプ作用が高まり血液・リンパの循環が促進されます。
循環が良くなると、疲労物質などの老廃物が溜まりにくくなるので「疲れにくく、怪我をしにくい」カラダに生まれ変わります。さらに、代謝も良くなるのでアンチエイジングとしても効果的です。

  
  

1.1回15分。すぐに効果を実感!

はじめて体験した方でも、「肩がすっきりした」「体が軽い」というお言葉を多く頂きます。さらに3ヵ月ぐらい経つと、体質自体も改善し、「カラダの変化を実感し、調子が良くなった!」という声を多くの方から頂いています。個人差はありますが、ほとんどの方はホグレルで15~30分のコンディショニングを行うとカラダの柔軟性が変わります。

2.体に優しい、気持ち良い運動!

ホグレルは、主に肩甲骨や骨盤まわりの筋肉を動かす事で、眠っている筋肉を可動させます。そして、筋肉の伸縮を繰り返し、血流を促進させることで、新陳代謝を高める運動方法です。一般の筋力トレーニングのように歯を食いしばるような運動方法ではないので、汗はほとんどかかないのです。よって、高齢者にも安心な体に優しい運動と言えます。

3.肩こり・腰痛になりにくい体に!

ホグレルを実施すると、血行が良くなり、神経と筋肉のバランスが調整されて、「肩こり」「腰痛」になりにくい体になります!また、スムーズに動けるので疲れづらくなり、体力がつき病気になりにくくなるなど様々な効果が期待できます。




  

ホグレルはゴルファーにもお薦め!練習しても・・・クラブを替えても・・・飛距離が伸びないのはなぜ?

ホグレルで「肩甲骨」を「股関節」まわりを柔らかくして、「動的柔軟性」を得る!
ホグレルでは、ストレッチでは伸ばすことが難しい「肩甲骨」や「股関節」まわりのインナーマッスル(骨に近い深部に多い筋肉)を柔軟にすることで神経系統の発信を促し、動きやすい体(=動的柔軟性)を得ることができます。

肩甲骨
無駄なリキみが飛びのじゃまをする!

肩甲骨まわりが硬いと、バックスイングで無理にカラダを回そうとして上半身がリキみます。
するとボールをヒットする前に余分な力を使ってしまい、インパクトのパワーが落ち、ヘッドスピードも遅れます
ダウンでは肩が開いてクラブが鋭角に降りるので、スクエアなインパクトができず、方向性も定まりません。 結果、平均飛距離のダウンを招きます。

肩甲骨:無駄なリキみが飛びのじゃまをする!

股関節
体重移動が出来ないと遠心力が生まれない!

トップでは右足体重というのが体重移動の基本です。ところが、股関節が硬いとリバースピボットになるため、ボールにパワーが乗らず失速し、飛距離が落ちてしまいます。また、軽量化した最近のクラブで飛ばすには遠心力を利用する事が最重要です。
カラダの回転よりも体重移動を意識したスイングで大きな遠心力を生むには、柔らかい股関節が必要となります。

股関節:体重移動が出来ないと遠心力が生まれない!

更にホグレルについての詳細は下記オフィシャルページをご覧ください。